コーヒーの知識

モカコーヒーとは?イエメン産とエチオピア産があります!

モカコーヒーとは

モカコーヒーとは、中東イエメンのモカ港から出荷されるコーヒーの総称です。イエメン産とエチオピア産があります。イエメン産の代表は「モカマタリ」。エチオピア産の代表が「イルガチェフェ」「モカシダモ」です。両方ともフルーティーな酸味が特徴です。

モカコーヒーとは

モカコーヒー

モカ港から出荷するコーヒー

モカコーヒーとはイエメンの首都サナア近くのモカ港から船出されるコーヒーの総称です。

歴史は古く、15世紀くらいからモカ港でのコーヒー豆の積み出しは始まりました。

コーヒーの実をつけるコーヒーノキはエチオピアが原産地とされていますが、そのエチオピアとイエメンで生産された豆で、モカ港から出荷されるコーヒーがモカコーヒーです。

モカコーヒーはアラブ商人達により世界中に広まりました。

当時はコーヒー豆の生産は世界中でこの地域でしか行われておらず、「モカ」はコーヒーの代名詞となっていました。

モカ港

コーヒールンバ

モカコーヒーは日本でも古くから親しまれております。

ちょっと前になりますが、「コーヒールンバ」という歌謡曲の歌詞で歌われており、日本人の頭の中には無意識に刷り込まれているのではないでしょうか?

「コーヒールンバ」は1958年に西田佐知子が歌い大ヒットしましたが、その後、何回もたくさんの歌手によりカバーされています。

有名なところではザ・ピーナッツ、荻野目洋子、井上陽水が歌ったものでしょう。

「昔アラブの偉いお坊さんが〜」という歌い出だしのこの歌詞は知っている方も多いかと思います。

この飲み物を飲んだ青年がたちまち若い娘に恋をしたという素敵なストーリーです。

前半で「不思議な飲み物」と紹介して、後半で「コーヒー モカマタリ」とモカコーヒーの名前がが出てきます。

モカコーヒーの種類

モカコーヒーモカコーヒーは「モカ」というコーヒーの産地があるわけでなく、中東のイエメンのモカ港から出荷されるコーヒーが「モカ」コーヒーです。

「モカ」コーヒーは産地が複数あります。

まず、大きく分かれるのはイエメン産とエチオピア産に分けることができます。

モカコーヒーの2つの産地

イエメン産モカコーヒー

イエメン産のモカコーヒーは、モカ港のあるイエメン(首都サナア)で生産されたコーヒーです。

イエメンはアラブ半島の南西の端にある中東の国で、紅海とアラビア海に面しています。サウジアラビアの南にあります。

コーヒーは主に北西部の高地で栽培されています。

イエメン産のモカコーヒーは「モカ・マタリ」と言われてます。

イエメンのコーヒー年間生産量は世界第33位で、1万9000トン(2018年)です。

世界的には少ないですが、モカマタリという重要なコーヒーを生産しています。

エチオピア産モカコーヒー

エチオピアはイエメンと紅海の反対側のアフリカの国です。(紅海には直接、面していません)

山が多く、標高が1500m以上の場所が多くあります。雨も比較的多く、年間降水量は1200mmくらいあります。(東京の年間降水量1528mm)

エチオピア産のモカコーヒーは、「イルガチェフェ」「モカシダモ」「ハラー」「ディマ」「レケンプティ」などがあります。

エチオピアは世界的なコーヒー生産国で、エチオピア産のコーヒーが全てモカコーヒーとなるわけではありません。

2018年のコーヒー出荷量は約47万トンで世界第6位です。

そのうちの、2万トン近くが日本に輸入されています。

エチオピアのコーヒー豆は2007年ごろ、基準を上回る残留農薬が検出されたため、輸入量が10分の1程度まで激減した歴史があります。(現在は回復している)

モカコーヒーの香り

モカコーヒーモカコーヒーは一般にフルーティーな酸味と華やかな香りがすると言われています。

しかし、上記のようにモカコーヒーの範囲は2カ国と広いので、微秒なところでは同じモカコーヒーの中でも、香りも味わいに差があります。

イエメン産のモカコーヒーは「モカマタリ」と言われているコーヒー豆が中心になります。イエメンでは中小の零細農家が多く、それぞれの住居の屋根で所狭しとコーヒー豆を乾燥させています。屋根で干すので、場所がせまくコーヒーの実が重なってしまい日光が全体に均一に行き渡ることが難しく、その分あの複雑な味わいが生まれると言われています。

エチオピア産のモカコーヒーは「イルガチェフェ」「モカシダモ」などが中心になります。

深みのあるチョコレートのようなカカオと花のような香りから「コーヒーの女王」と言われていることもあります。芳醇な香り、口に含んだ瞬間に広がる酸味とコク、飲み干した後に長く残るキレの良い酸味が特徴です。

 

モカコーヒーのご紹介でした。

モカコーヒーは世界で一番古いコーヒーの一つです。日本でも歌になるほど人気があります。

・モカコーヒーはモカ港から出荷されるコーヒーの総称

・イエメン産とエチオピア産がある

・イエメン産の代表は「モカマタリ」

・エチオピア産の代表は「イルガチェフェ」「モカシダモ」

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です