コーヒーの淹れ方

水出しコーヒーを淹れる|DjangoBeansアイスコーヒー用豆

DjangoBeansさんのアイスコーヒー用豆で点滴式でアイスコーヒーを淹れました。

はっきり言っておいしい。これは逸品。

この豆でアイスコーヒーを淹れるのは夏のひと時の幸せです。

DjangoBeansさんのアイスコーヒー用豆

 

宮城県柴田郡大河原町にあるDjangoBeansさんのアイスコーヒー用豆をネット販売で購入しました。

DjangoBeansさんは最初の会社で一緒に入社した仲間です。自分より一足先に脱サラしして素敵なコーヒー豆屋さんを経営しています。

いつも良質な豆を提供してくれます。

DjangoBeansさんのサイト

http://www.djangobeans.com/

毎年、暑い時期になるとDjangoBeansさんから購入していますが、今年のアイスコーヒー用豆はブラジル産とのことです。

いつもながらのフレンチロースト(深煎り)です。

豆は粒が揃い大変きれいです。

点滴型で水出しコーヒーを

ハリオの点滴型水出しコーヒー器具「雫」(しずく)を使用しました。

点滴型の水出しコーヒー点滴型の水出しコーヒー

 

コーヒーの粉をストレーナーと言う網カゴに入れ、上かから水を落とし湿らせます。

ストレーナに水を落とし湿らせるストレーナに水を落とし湿らせる

 

湿ったところで攪拌し、上から専用の円形フィルターを置きます。

ストレーナーを下のポットにセットし上から5杯分の水を注ぎます。

写真では分かりづらいですが、5杯分のところに目盛りがついています。

水を注ぐ

水を注いだらあとはひたすら待つだけです。

約1時間半後に完成しました。

写真は完成後、冷蔵庫に入れて保管した後のものです。(完成直後の写真は撮り損ねました。)

水出しコーヒー完成水出しコーヒー完成

 

冷えた水出しコーヒーをいただきます

 

早速、いただきました。

アイスコーヒーにかかわらずこの豆の香りはよく立ちます。

口に含むとまず苦味の中に甘さというか独特な味を感じます。

これは一体なんだろうと思った瞬間にこの味は去っていきます。

もう一度確かめたくて、思わず次の一口を口に含みます。しかし、今回も長居は無用とばかりにさっと逃げてい来ます。

口の中で追いかけっこです。このワクワク感、高揚感がコーヒーの楽しみでもあります。

飲み干したあとは心地よい苦味が長く舌に残リます。

この苦味は香ばしく焦げ臭い感じです。SCAAのフレーバーホールでは「焼き>焦げ臭>灰っぽい」でしょうか?

数の赤矢印のところです。

フレーバーホイール灰っぽい

アイスコーヒーですが、コーヒーはこうこなくっちゃと思います。

 

今回はDjangoBeansさんのアイスコーヒー用豆を堪能した

 

今回はDjabgoBeansさんのアイスコーヒー用豆を堪能しました。

水出しコーヒー器具は点滴型の器具「雫」を使用しました。

ホットと比べ、点滴するのにちょっと時間がかかりますが、かかった分味に深みが出てきているようです。

大変美味しい豆でした。また、購入します。

 

・DjangoBeansさんのアイス用豆を水出しコーヒーで堪能

・水出し器具はハリオの「雫」を使用

・香りのあるアイスコーヒーです

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です